★らくうま予想DIARY★

〜究極の負けない予想を目指して〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
馬はファンの都合よく成長しない?
人間の条件的な考え方で他に自分が感銘を受けた点は、馬はファンの都合よくは
成長しないといった部分ですかね。自分の中で最も成長して急激に強くなった馬
として挙げるのなら「メイショウドトウ」だったりしますが、力を出し切れてな
かっただけなのを、単にハミを変えて持っている能力を存分に発揮できるように
なったのだと取れない事もなく…。本の中ではファインモーションを例に挙げて
説明されてるのですが、先週の例で言えば共に過去にチェック馬で注目していた
ウイングランツとマルカキセキに当てはまりますね。(マルかは今もチェック馬)

自分の中でウイングランツはトニービン産駒に近いイメージがあって、ややズブい
ので東京コース向きの馬だと判断してます。木幡騎手で好タイムでロングアライブ
を破った昨春の東京での500万戦が象徴的なレースだと思います。その後は函館と
札幌で500万・1000万条件戦をゴール前で追い込んで届かずのパターンを再三の様
に繰り返し、秋や年明けの東京開催ではチャンスと狙いましたが、ここでも早い
上がり(限界に近いもの?)をマークして追い込むも勝ちきれない競馬が続くんで
すよね。具体的には1000万条件戦を6回も走っても1度も勝てなかった馬なわけでw

それが松岡騎手に乗り替わってG3のダイヤモンドSを二桁人気で激走して勝利。
阪神大賞典を5着、目黒記念をオペラシチーのレコードの2着、函館記念を2着して
前走みなみ北海道Sを単1.8で2着と一見は一流のオープン馬へと変貌してしまった
とも取れます。ここで同馬を手の内に入れていた松岡騎手を降ろす非常な采配で
柴山騎手に乗り替わるなら確勝だろうと思われがちなのですが…。この馬は誰が
乗っても実は替わらないんですよね。過去に主戦だった勝浦騎手からホワイトとか
ペリエの外人騎手に乗り替わっても勝てていない訳で、頭で狙うのには非常に危険
な馬とも取れたと思います。それではウイングランツは強くないのかと言うと別な
問題ですが、自分の考えとしてはステイヤーとしての適正が高い馬だったのだと思
います。イメージとしてはヒシミラクルを更に不器用にした感じでしょうかね?

つまり長距離レースで他の馬もズブイ馬が多くなったり、あるいは重賞の早い流れ
になって他の馬がバテたりで、思ったより上がりを要する競馬が多くなった事が
プラスに働いていた面が大きかったと思うんですよね。今回は逃げる予定であった
ゴーウィズウィンドが出遅れてしまい、ペースが落ち着いてしまったのも不運か?


マルカキセキの場合はスタートの苦手な馬だけに、極端に揉まれ弱いという訳でも
ないのでしょうが、他馬もテンが早いであろう重賞のスプリント戦で内枠は間違い
なくマイナスに働く面が大きいです。かつては出遅れてゴール前で追い込むだけの
競馬ばかりでしたから…。そして坂のある阪神コースとの相性も疑問なんですよ。
前走にしても前々走にしても小倉滞在で馬が落ち着いていたと取れますし、共に
大外枠を引いた上での珍しい好スタートを切って押し切ったものなんですよね。
要するに全てが理想的に上手く運んだレースで、馬の力は完全に出し切ったと…。
それを馬が都合よく成長して急に強くなったと巷では捕らえて、圧倒的な人気に
支持されてしまうのが正体なんじゃないかと。確かに相手関係から見ても能力を
出し切れば勝てそうなメンバー構成でしたが、前走よりも条件的には悪化して能力
をフルに発揮できない可能性が高いのに、重賞で圧倒的な人気に祭り上げられると。
| アレス | 競馬雑記 | 02:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:22 | - | - |









http://rakuuma.jugem.cc/trackback/244
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ NEW ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ MY FAVORITE BLOG
+ THE NEW BOOK
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ PROFILE