★らくうま予想DIARY★

〜究極の負けない予想を目指して〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
騎手の魅力!?
先週のレースの中で、特に印象に残ったレースや馬は多くは見当たらなかったので
(特に土曜日なんかは、チェックを付けたくなる馬すら全く見つからずで…。)
1頭だけ挙げるなら、日曜の小倉最終で3着のマキシマムスピードですね。武豊なら
ではの騎乗でしたが、こういった競馬が今後に繋がれば明け7歳馬とはいえ変わり身も?
ネタもないので騎手の事についてでも触れたいと思います。自分が昨年末から重視
しつつある、人間の条件的な予想にも騎手は深く関わってきますし。。。

一般的に競馬は昔から馬7、騎手3だとか言われたりしていますが、それが正しい
かどうかは置いておくとして、騎手の良し悪しは間違いなくレースに多大な影響を
及ぼしている事は間違いないでしょう。JRAに所属する騎手&調教師の数は膨大
ではありますが、毎年、同じ一握りの騎手&調教師が変わらずに勝利ランキングの
上位を占めている事からも、ハッキリと勝ち組と負け組みに分かれている世界とも
言えます。自然と有力騎手&調教師には、ますます能力の高い素質馬が集まる事
になるので、その他の大半の一般騎手&調教師は苦渋を舐めることになります…。

先週で印象に残ったレースとして、日曜の小倉メインの小倉大賞典では専門誌の
評価ではマヤノシャドーの方が、結果的に1番人気に支持されて快勝した武豊騎乗
のメイショウカイドウよりも若干高かったように思います。近走の調子やハンデ差
も加味されての評価だったのでしょうが、結果は2番人気で7着と大敗に終わりました。
鞍上の二本柳騎手はそつない騎乗に思えましたが、そもそも過去に重賞で1勝しか
挙げた事のない実績の騎手に、所属と違う関西の厩舎から有力馬の依頼が来た訳で。

これは、もし自分だったら相当にプレッシャーだと思います。結果を出せば注目
されるのは間違いないでしょうし、今後の騎乗依頼に変化が現れる事も考えられ
ます。勝った時の事を考えて勝利ジョッキーインタビューの言葉を考えたりとかw
まぁ、それは冗談としても凡人ならビビルか、気合が入りすぎてしまって力んで
普段の騎乗とは微妙に一瞬の判断に狂いが生じてしまっても不思議はないかと?
これが自厩舎のお手馬だったりする場合は、全く話が違ってくると思います。
(人気でも人気薄の場合でも実力疑問の騎手が、お手馬で好走する例は割と多いです)

逆に掲示板で触れた理論馬のエーティーダイオーの場合は、鞍上のアインブライド
古川吉騎手は過去、2度エーティーダイオーで重賞での騎乗経験があって人気以上
の好走で3着、4着の実績(共に勝ち馬とは0.1差)があります。今回も人気以上に
好走の部類ではありましたが、直線まではそつない騎乗も勝負どころでの仕掛けが
遅れてしまったことから、マヤノシャドーに外を塞がれてしまい、仕方なく内へ
進路を取ったら、馬が自ら空いたスペースを見つけて突っ込んだ見たいな…(笑)
エーティーダイオーは伊達にSS馬じゃないので、そのぐらいの根性はあるかとw

JRAのHPからも、主要のレースのVTRやらパトロールビデオは見れるので
グリーンチャンネルに加入されていない方でも、その辺のチェックは可能です。
パトロールビデオなんかは、馬が真っ直ぐに走っているかとかも分かるので重宝
してたりしますね。最近の注目騎手と言えば、昨年から突如、中央にも殴り込み
を満を持して賭けて来た感のある、大井の内田博幸騎手だと思うのですが、昨日の
エンプレス杯も人気薄で見事に逃げ切ったそうですし、まさに飛ぶ鳥を落とす勢い
ですね。自分も一流騎手マークをしっかりと付けてはいたのですが、恥ずかしい事
にカッツミーやベラミロードの内田利騎手と、最近まで混同してました(苦笑)
グリーンチャンネルで能勢さんも触れてましたが、最後まであきらめずに一つでも
上の着順を目指す姿勢は素晴らしいですよね。「勝つ能力がなくても、入着したこ
とがない馬を入着させることはできる。その時、スタッフから向けられる笑顔を見
ると、騎手の仕事はやめられないなって思うんだ」とコメントしてるそうですし。
馬券ファンにとっても頼もしいお方の登場です。一押しは、やっぱ岩田騎手ですがw

中央の関係者の間では割と追える騎手と高く評価されているらしい、田中勝騎手を
競り落としたテレビ山梨杯の騎乗なんかは、見ていてもしびれました。強引に追う
だけなら熊沢騎手でも出来ますが、なおかつ重心のバランスを崩さず馬のスピード
を落とさずに走らせるのは高等テクニックだと思うんですよね。ただ注文をつける
とすると地方騎手の大半は荒々しさやハングリー差が売りですが、悪く言えば上品
さに欠けると言う事になりますね。実際に、このレースでは斜行で過怠金30000円
を取られてますし、5Rでも同じように斜行で制裁を喰らってますしね。アンカツが
中央に移籍してきた時に、一部のジョッキー達と折り合いが悪かったと噂されて
いるのも、暗黙のルールを無視した我侭で危険な騎乗にあったらしいですし。実際
にアンカツは、昨年も一昨年も制裁点オーバーで再教育指導を受けてますから。。。
昨年なんて松岡騎手と唯一、2人で二度も再教育ですから困った事です。松岡騎手
と違って腕が未熟という理由じゃないのは傍目に見ても明らかなだけにね…。
他の馬に迷惑をかける事なくキッチリと好結果をだしてこそ『真の一流騎手』かと!
| アレス | 先週の結果分析 | 01:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:03 | - | - |









http://rakuuma.jugem.cc/trackback/163
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ NEW ENTRIES
+ CATEGORIES
+ LINKS
+ MY FAVORITE BLOG
+ THE NEW BOOK
+ ARCHIVES
+ RECENT COMMENTS
+ PROFILE